読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スフィアのみなさん、2016年もありがとうございました!

スフィア

2016年もスフィアのみなさんには、たくさん楽しませていただきました。

ソロのステージを組み込んだスフィアフェスを皮切りに、高垣さん、豊崎さん、戸松さんと3人のソロツアーの開催。そして年の瀬のMusic Rainbow 04。ライブイベント以外にも、戸松さん、高垣さん、寿さんは舞台への出演もあり、2016年はソロの年だったと言えると思います。

推し変はしません

やはり僕の中で最も思い出深いのは豊崎さんのツアーで、“all time Lovin' ”から“walk on Believer♪”まで、豊崎さんの仕事への思いや、ファンに対するスタンスを見て、さらに惹かれるばかりでした。Music Rainbow 04で、“walk on Believer♪”を笑顔で歌ってくれたことにも一安心。彼女にも思うことは当然あるでしょうが、ハッピーな曲をハッピーな曲のままでいさせてくれる豊崎さんはとてもかっこいい。

高垣さんが楽しそうにしているとこっちも楽しい

それに加えて2016年は、individual、Premio × Melodia、AD-LIVE、Run for Your Wifeを通じて、高垣さんの歌やお芝居の魅力を知ることができた1年だったと感じます。

 

“individual”で初めて高垣さんのソロコンサートを見させていただいたのですが、やはりりソロのステージというのは個の魅力が120%凝縮されたもので、スフィアライブのソロコーナーで見られるそれとは大きく異なるということを改めて実感しました。

 

そしてその“individual”に触れてからの“Premio ×Melodia”がまた圧巻のパフォーマンス。クラシックコンサートというものにこれまで触れたことがありませんでしたが、高垣さんの歌声から言葉にできないほどの感動を覚えました。高垣さんのステージがこれまで以上に楽しみになるような、そんな1年でした。

スフィアの魅力

スフィアの4人はまったく異なる個性をもっていて、そんな彼女たちがユニットでは一つの方向をめざして、息の合ったパフォーマンスを見せてくれる。それが彼女たちのもつ魅力のひとつです。4人がスフィアとして培ったものがソロ活動に生かされ、ソロ活動で得たものがまたスフィアに還元されていく。そんな過程を見ていられるのはとても面白く、ユニットとソロ活動の相乗効果で、ますますスフィアを好きになっていくのを感じずにはいられません。

 

2016年はスフィアとしてのワンマンライブは結局スフィアフェスだけだったわけですが、来年2月のアルバムリリースから3月の代々木での2daysライブと、2017年はスフィアの年になるのではないでしょうか。

ソロとして充実の1年を過ごしたであろう4人が、今度はスフィアとしてどんなものを見せてくれるのか、これからも楽しみは尽きません。

来年もよろしく!

寿さん、高垣さん、戸松さん、豊崎さん。

2017年もさらなるご活躍を期待しています!

寿さんのソロツアーもそろそろあったら嬉しいな。寿さん成分足りなくなってきてますんで…